私というモノ

私というモノ

私は、何者?

私は創作する者
すべての創作を愛する者

文字は骨となり、体を支え
音楽は血液となり、命を灯し
絵画は肌と肉となり、心を飾り上げた

そのすべてが、
私の体を、魂を創り上げたのだ

私は、誰だ
私は創作する者だ
創作するために生まれ、
創作者となる人

——————-

自分は何のために存在しているのか
今まで散々悩んでいたけど、
今はやっと、はっきりと分かった。
私は根っから作家ということ、
音楽がないと生きていけないということ、
絵を描かないと人生が色褪せてしまうように感じること。

何かを作りたい、何かを伝えたい
そんな気持ちが心の中でずっと眠っていたのだが、
何故か妥協して、何の意味もなく、何をえるかも考えず、
ひたすらに可愛い物、好きな物ばかり描いてしまった

そんな私って本当の私なのだろうか
いや、違う。 
そんなのは、確かに楽だけど、なぜか生きている実感がしないのだ。

そんな自分を見つめなおして、
導き出した答えがこの詩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Content Protected Using Blog Protector By: PcDrome. & GeekyCube.