》 Blog Archives 《

私と、本と、創作の話

食物は人の体を育て、本は人の心を育てる。
人はいっぱいご飯を食べて、本を読んで生きていくものです。

今日は高橋しんの作品、『あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話』を読みました。
先月紀伊國屋書店で神のみ最新巻を買いに行く時、なんとなくこの本に惹かれました。
高橋しんが「最終兵器彼女」の作者だと知ってるぐらいでしたが、
この本はなぜか懐かしい匂いがして、なんとなく買いました。
が……それから、色々バタバタしてずっと本棚に置いたままで、読んでいませんでした。
今日はやっとこの本を読みました。
読み終えたら、なぜ懐かしく思う理由も、分かりました。
それはたぶん、ずっと忘れていたけど、
本のことが大好きだった頃の自分が、この本に共鳴したからです。

私の子供時代は、いつも本と一緒でした。

子供の頃、親は家にあまりおらず、いつも妹とふたりきりでした。
妹と二人でままごとするのもいいのですが、文字を覚えてから、
私は本ばかり読むようになりました。

最初に読んだ本は何だったかはあまり覚えてないのですが、
多分アンデルセンの絵本だったでしょう。

でも、初めて自分で買った本ぐらいはちゃんと覚えています。
それはテレビのアニメでよく出てきた、ドラえもんの漫画でした。
あの頃、本屋で買える漫画ほとんどが海賊版でした。
2元のドラえもんは、その頃の私にとって、すべての財産でした。

最初の誕生日プレゼントは、おばあさんが買ってくれた、百科全書です。
分厚い六冊セットで、まだ7歳になったばかりの私にとっては難しい本でしたが、
毎日本をめくって、読んで、精一杯頭を動かして、考えて、
その中にある知識や言葉を理解しようとすること、とても楽しかったのです。

コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」、倪匡の「衛斯理シリーズ」、
アンデルセン、グリム童話、キリストの聖書ストーリー、寓話、ギリシャ神話、
ロミオとジュリエット、少女たちのための散文集、などなど。

いつの間にか、私の世界、私の部屋は本で満ち溢れました。
読むだけでは満足せず、自分で何かを書こうとしていました。

でも、一体何があって、本を読まなくなったのでしょうか、
本を愛する気持ち、新しい本を探す時の楽しさ、
そして、精一杯考えて、答えを導き出し、その時の答えや喜びを記録したい気持ち、
一体何があって、私にそれらを全部忘れさせたのでしょうか。

その原因は一体なんなのか、
説明するには、幼稚園頃の時から語る必要があるのです。

読書以外に、もう一つ夢中になった事があります。それは絵を描く事です。

絵を描き初めたきっかけは、
幼稚園の時に、「絵がうまい、才能がある」と先生に褒められたからです。
そして、絵を描いているうちに、みんなに褒められて、人が集まってきて、友たちもいっぱいできました。

実は、絵を描くよりも、何かを文字で書くほうが好きなのでした。
日記とか、作文とかよく書いていましたが、ストーリー性のある物はあまり書きませんでした。

今振り返ってみると、その時の私にとっては、絵を描くことが好きだったというより、
絵を周りの人に認められるために、みんなと繋がるための手段だと思います。

中学の終わりまで、
母親は麻雀に夢中で、父親は悪い友たちとつるんで遊んでばかり、
子供の私とあまり話をしませんでした。
その挙句、本と、絵のことではよく母と喧嘩していました。

「読書や、絵なんかよりも勉強しなさい!
 テストで百点取れないと意味がない!」

「どうせ女はいつか嫁にいくんだから、そんなに本を読んでも意味がない!!」

「本、本、本、あんたが本ばかり買わせるから、私が麻雀で負けたのよ!
(中国語では、本、つまり、書と負けの意味がした、輸の発音が同じです。)」

さらに、
中学生の時に、初めて書いた小説を、
クラスのみんなに回し読みされて、私が書いたものを指差しながら笑って、
「パクリパクリ」とまで言われました。
そのことが私の心を深く傷つけて、私のトラウマになっていました。

その後、私が書いた物が家族に捨てられてから、ほとんど書かなくなりました。

一番好きな母親に理解されない事と、学校でクラスメートにいじめられる事で、
人生や世界のすべてに絶望していました。
そんな時に、私の心を救ってくれたのが コゲどんぼの「ぴたテン」でした。

とてもやさしくて心を癒やすマンガでした。この漫画から、
少しだけれども、自分の道を貫く力を得たのです。
そして、文字と絵を合わせて、マンガ家を目指そうとしていました。

ですが、その頃の私はとても未熟で、漫画家になるには、
マンガをたくさん読めば十分だと思い込んでいた結果、学業を放置してしまいました。
テストの点数も、当たり前のように、全部真っ赤です。
卒業するのもギリギリでした。

それから、インターネットの発展により、
ネットでアニメやマンガ、ゲームなど、なんでもできるようになり、
実際に本を読む回数も、かなり減ってしまいました。

文学、科学や知識に関する本、冒険小説、SF小説、ホラー小説、ミステリー、詩集、絵本。
大好きだった本たちが、いつのまにか埃だらけになってしまい、
代わりに、本棚がマンガと漫画雑誌ばかりになってしまいました。

そして、ネットでいろいろ不愉快なことがあってからは、
自分にはマンガを描く才能がないだと勝手に結論づけて、
妥協して、萌え絵師でもなろうと思うようになってしまいました。

ネットが便利になっていくほど、私、いや、私たちは少しずつ怠惰になってしまいます。

いろんなキーワードを使って、一つ一つのページをめくったり、
ほしい情報の資料を探したり、本屋まで移動して、必要な本を借りたり、買ったりしますが、
今はまとめサイト一つでも、まとめボットツイターでもフォローすれば、
探す必要もなくなり、全部楽になってしまう。

何を見て・何を読めばいいかわからなかったら、適当にスレッドでも立って聞けばいい、みんないろいろ勧めてくれるし。
買いたいものも、外に出ずに、アマゾンでクリックすれば、なんでも買えるし。
何か見て読んで、感想があっても、自分で考えて記録する必要もなく、他人が書いた、
似たような感想を読めばいいし。

そして、それで満足してしまう。

いつの間にか、私も時代の波に呑まされて、流されたままににあっている。何も考えない、何も探さない、
本を探す楽しみ、いい本を見つけた時の嬉しさ、ページをめくる時のときめきも、
本を触る時の心地よさ、本の匂い、本が大好きだった私。本さえあれば満足していた私。
そのすべてを、すこしずつ忘れてしまった。そして、文字で書かなくなってしまった。
絵で描いたものも、とてもつまらなく感じ、自分自身さえ認められなくなってしまった。

昔は、描きたいから描くという風に、好きで描いていた頃がありました。
ですが、ネット上でもっと認められたくて、
いつの間にか、他人に媚びるような絵になってしまった。

思いを伝えるめに絵を描き、記憶を残すために絵を描いたのではなく、
みんなに媚びるために描いていたから、いつしか他人の評価に縛られて、
心が閉じてしまって、自分は才能がないだと思い込んでしまっていた。

でも、今やっとわかりました。
そんな状態で描いた絵が、うまいはずがない。自分で納得できるわけがない。
結局、私は、小説や、絵をかく才能がないのではなく、私は他人に媚びる才能がないだけです。

私はひたすら流行りに乗って、他人に媚びるために絵を描く事ができるわけがない、
そしてそんな絵はうまく描けないと、今ははっきりと分かりました。
昔、本を出していましたが、ほとんど売れませんでした、売れなかったことを世間のせいにしてしまいました。
が、今はやっと、どうして売れないのかもわかりました。

心がない作品、誠意がない物が、人の購買意欲をそそることができるわけがない。

私だけではなく、
今、インスタント文化によって世間にはそんな物が溢れている。

「うちは八百屋さんだけど、お腹がいっぱいの人に野菜を売るより、
お腹が空いてる人に野菜を売ったほうが、その野菜を美味しく食べてもらえるんでしょう。」

「本屋さんも一緒さ、本棚がいっぱいになってる人より、
知識に飢えている人に必要な本を売った方が買ってもらいやすいでしょう」

「本は品物じゃないんです。
だって、食べれもしなければ、何の役にも立たないでしょう?

なぜかって言うと、これ、本を書きたい人と、
本を作った人との、人に伝えたいって思いを
紙に書いて、描いて、値段をつけて売っているだけなんです。

誰かが最初に思ったんです。
どうにかして、みんなに形にならない言葉や、
絵や、生きるための栄養を、届けたいと。届け続けたいと。」

ヒロインがみんなに本を買ってもらうために、
商店街の人々を理解して、その人たちのために役に立つ本を勧めて、
色々工夫して、頑張っている姿を見て、また思ったのです。

他人に媚びないだからって、我儘言って自分が満足するだけの物を作っても、
他人に伝える工夫をしなかったら、作ったものも自己満足とまりになってしまうのではないか。

野菜は料理してから売れば、食べる人も、
もっと喜んで美味しく食べてくれるのではないか。

絵も、小説も、すべての創作も、似たようなものです。
他人に読ませるための、見せるための工夫をしたらいいではないか。

伝えたい思いは料理の材料だとしたら、
みんなに伝わるように、見る側が楽しめるように料理をしたら、
作品にとって、見る・読む側の人にとって、自分にとってもいいことではないか

自分で作る物で生きていきたかったら、
読者側になって、編集者側になってみないとだめなんだと、私は思います。

デッサンの正しさとか、塗りこみ具合とか、
華麗なテクニックなど気にするより、
伝えたいものを大事にするべきなのではないか。

変なところにこだわって、締め切りを守らない、編集を困らせたり
自分が工夫しないばかりに、伝えたいものが読者に届かず、
読者のせいにばかりしていては、何も得られないではないか。

伝えたいものをちゃんと人に届けるようにするには、
違う角度で世界を感じて、触って、他の人の位置にたって、感じて、
たくさん出会って、触れて、感じて、勉強しなければならない。
そう思った途端に、人生がとても短く感じました。
もし、私の寿命が60歳までしかないとしたら、今はすでに3分の一がすぎてしまったのです。
私はすでに、十年以上の時間を、無駄にしてしまったのです。

でも、今は違う。
もうこれ以上怠けない、もう愚痴は言わない、頑張って、励んで、失った時間を取り戻さなければならない。
今までの自分は、どれだけ薄っぺらかったか、痛いほど分かりました。

アメリカに来てから、家族との関係も少しずつよくなって、
去年は大切な仲間もでき、今年は、やっと人に相談できるようになって、
少しずつ心を開いて、ずっと中学時代で止まってしまっていた私は未来に向かって、
一歩ずつ、歩き始めました。

色々振り切ったら、なんだか、心がとっても自由で、軽くて、すっきりな気分です。

「あの商店会の、本屋の、小さな奥さんのお話」この本に出あえて本当に良かった。

これからは、また本を読んで、いろんな物を見て、触れて、人生を体験して、
たくさん感じて、自分の心をいっぱいにして、
そして本から得た気持ち、生活から得たものを物語にし、絵にして、みんなに伝えられるように励みます。

八百屋さんは野菜を売って生きていく、本屋は本を売って生きていく。
私は創作者、伝えたい思いや、見せたいものを描いて書いて、売って生きていく。

これは、私と、本と、そして創作の話です。

君と彼女と彼女の恋。

未命名

前置き

私はネタバレを読んでからゲーム始まったのですが、それでもかなり衝撃的でした。
冷静になって評価すると、最高とは言えないのですが、かなり良かったと思います。
そして、いろいろ考えさせられて、たくさんなことを得られるゲームと思います。
今までいろんなゲームをやってきたのですが、一度も感想など書いたことがないのです。
このゲームをやり終えたあと、どうしても何か書きたくて何かを残したくてたまらなかったのです。

私は女性ですが、美少女ゲームが大好きです。それは、可愛い女の子で遊びたいとか、可愛い子と遊びたいとか、最初は、そういう原因がメインですが、今はジャンル問わず、純粋に面白いと思うゲームと心にグッとくるシナリオを楽しんでる方が大きいと思います。

(でも、やはりロリっ子大好きです(*´Д`)ハァハァ)

まずはネタバレ抜きの評価と感想です。

総合評価:

さすがニトロプラス!ニトロプラスしか出来ない、とてもチャレンジ的で衝撃なゲームでした。こんなジャンル、初めての同時に、最後の一本作、必ずゲームの歴史に残るほどの物と言っても間違いがありません。ただ、このゲームはすごく人を選びます。人によって、最悪なトラウマゲームになるかもしれません。

満点100の場合、人によって、0点か100でもありえる評価ですが、客観的にいうと、75~80点あたりが妥当だと思います。

シナリオ:

詳しく言うとネタバレなので、ひとまず2パート分けて大まかな感想を書きます。

主にプロローグパートとメインパートに分けられます。

プロローグパートはかなり普通の純愛物語で、内容も展開もよくあるパターンで、良くも悪くも言えません。少し物足りないところもあります。この普通さが作り手の狙いだと思いますが、メインパートやらない人にとって、この部分は普通すぎだと思います。
(でも、メインパートやらない人って結構少ない気がする…何せよ、あのニトロが作ったゲームです、普通のまま終わってしまうのはやはりありえないだと思います。)

満点10点の場合は、残念ながら、5点しか与えられません。

メインパートは…詳しく言えないのですが、かなり衝撃的な展開でした。いろいろと考えさせられる内容でした。でも、正直いうと、演出を除いたら、それほどでもないと思います。やはり、いろいろ物足りない感じです。シナリオライターの力不足なところもありますが、プレイヤーをそれ以上苦しまないためもありと、私は思います。

満点10点の場合、8点ぐらいかな?

音楽:

音楽の演出はかなりよかった。特にメインパートに突入した時、BGMで好感度が分かる演出はいいアイデアだと思う。雰囲気もよかった…のですが、悪く言ってしまうと、あまり頭に残らない印象でした。あと、メインパートがなかなか終えなく、長く続くリピートすると、ちょっとイライラする感じでした。

満点10点の場合、8点ぐらい。

キャラクター:

正直いうと、キャラクターの描写がやや薄いです。特にサブヒロインのアオイに対する描写があまり多くなかった。メインパートに突入すると一気に影薄くなります。あと、女性の目から見ると、美雪に対する描写もあまり良くないです。

私はアオイに傾いてる選択肢を選んだばかりか、序盤から中盤まで美雪に対する印象はかなり悪かったです。バックログの回収につき、印象も少しずつ変わったのですが、やはり納得行かない部分があります。それは好き嫌いの感情の影響ではなく、多分、それは男性と女性が、女性に対する理解が違うせいかと思う。

あと、声優たちの演技に圧倒されました。本当に良かったです!アオイめっちゃ可愛かったです(*´Д`)。あと、檜山の存在感が半端ないですwwww

満点10点の場合、7点ぐらい。

演出・システム:

多分、もうこんなゲームがないだろうと、思うぐらい、すごい演出でした。
スッタフたちのこだわりがすっごーく伝われます。まじでヤバかった。

満点10点だと、20点ぐらい評価したいぐらいです。

あと、このゲームは究極な二択をテーマにしているのですが、実際、すべてのバックログを見ないと理解しにくい部分があります。基本最後の選択の前なので、気になる人はぜひ、段階ごとにセーブデータをバックアップし、いろんな選択肢を選択してやってみましょう。

そして、最後は好きなヒロインだけを選んで納得なエンディングを迎えましょう。

(私はどうしても気になって両方も見ちゃいましたけど(;^ω^))

プレイ時間:

攻略をチェックしながらだと、6~8時間ぐらいで完読できます。
攻略なしだと、一週間以上もかかる可能性があります。
ネットの情報見ると頻繁に落ちたりするみたいですが、
ゲームする前に、データ実行防止を設定しておいたからか、落ちたことはほぼないです。
みんなさんも設定しておいてみましょう。

このあとは私なりのゲーム攻略、そして細かい感想や考察です。ネタバレが大量含むので、ゲームやってない人は推奨しません。

(to be continue….)

0807

0726b

不知不覺就8月了,天氣越來越熱,超想下水游泳的……

不過好多年沒下水了都不知道還會不會游泳……
幼女版的女兒超可愛的哈啊哈啊……
下水的時候媽媽會給女兒綁成包包頭哦~!

0727c 0727b 0726c

女兒的年齡持續縮水中……在小區二期裏直接變成6歲幼兒了XD
變成幼兒的女兒熊度上升了10%。變得很愛哭XD

0729b

說起來我好久沒畫正經的圖了,最近才把一些參與的合本趕完……
神不在的ED超棒的!上圖是變聽邊畫的。bluestar,花語,永遠的愛啊……

話說今天剛通的遊戲裏面也提過永遠的愛呢╮( ̄▽ ̄”)╭
2

1

這遊戲雖然標榜著終極的二選一,還通過限制存檔清存檔的方式來防止玩家二選一。
但是,如果不全通卻無法理解的地方還不少……
(當然如果不在意那些細微的違何感跟沒興趣理解全部的話普通地只通一個結局也OK)
因為存檔不太管用(也不是完全不管用,關鍵幾個位置存好檔備份就行),
用一般的方法來玩的話,是不可能將所有文本LOG回收完的。
只有像我這類有著特別的執著的考察黨才能完全看完,以及理解整個遊戲的設定跟構造

……_(:3」∠)_……

這遊戲的設定真的很有趣,多重次元,多重世界,劇中劇,加上遊戲的演出可以說非常出色。
唯一的不足,就是對兩女主的刻畫不足,以及拋去設定跟演出,剩下的劇情部分就顯得有點單薄。
這遊戲一定會在遊戲歷史中留下名字,也給了很多玩家衝擊,但我覺得,留給大家的,更多的是遺憾吧。

如果不劇透是很難完全表達我心理的感想的,話說,玩了那麼多遊戲,第一次想長篇大論地去寫對一個遊戲的理解,感想,還有考察還真是第一次。因為不剧透就沒法寫,所以我會過幾天消化完後寫。

Content Protected Using Blog Protector By: PcDrome. & GeekyCube.